読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごみの分別考

市から新しい資源分別の冊子が届いた。読んでみると、分別でいくつか間違いをしていたことに気づく。

例えば、紙のヨーグルトの容器。筆者が住んでいる市では、資源ごみじゃなくて、燃えるごみなんだそうな。実は資源ごみだと思って紙として出していた。だって、「紙」のリサイクルマーク入っているし。

こういうのは、市町村ごとに独自で細かいルールを決めているのが現状だ。例外だの何なの、ルールを覚えなくてはならないから、ややこしい。何のためのリサイクルマークかわからない。面倒だからみんな燃えるゴミにまとめちゃえ、なんて人もいるのではないだろうか。

明確かつ全国で統一されたゴミ出しの基準があれば、理想的だ思う。最も、どのような基準にするか、設備とか処理業者との絡みなどを考えなくてはならないから、現実的に困難なのだろう。

広告を非表示にする