VAIO Type P買った

リサイクルショップにてVAIO Type Pを買った。16,000円也。もう10年前のPCである。発売当初、興味はあったものの、学生の身分だった故手は届かなかった。10年たった今、リサイクル品ではあるがようやく手にすることができた。感慨深い。

OSはWindowsVistaだったが、すでにサポート切れのため、代わりにLinuxを入れる。現状、Ubuntuは64bit版しかないため、32bit版Lubuntu(16.04LTS)を導入する。まずはLubuntuのサイトからCDイメージをダウンロードしてくる。次にEtcherを使ってUSBメモリにCDイメージを書き込む。これで起動用USBメモリの完成。Lubuntuのインストールをする前に、BIOSの設定を変更して、HDDの前にUSBメモリから起動するように順序を入れ替える。

USBメモリから起動すると、まず起動メニューが表示される。最初は英語表示だが、日本語も選択可能。「インストールせずにLubuntuを起動」を選択する(「Lubuntuをインストール」を選択すると起動途中でなぜか止まってしまう)。デスクトップ画面にインストールのアイコンがある。そのアイコンからインストールに入る。指示通りに進んでいけば、インストールができる。

かくして、TypePは蘇った。さてどうやって遊ぼうか…