読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自作PCのケースを交換する

 

todaystyle272.hateblo.jp

 使い始めて早3か月余り。ここにきて、ケースを取り換えた。

使っていた元Dell Demension 1100のケースは、頑丈だったこともあり、これといったトラブルもなかった。しかし、拡張性に劣るところがあった。筆者の環境ではHDDを2台使っているのだが、もともと1台しか設置できず、もう一台は5インチベイに設置していた。この状態では、2つある5インチベイがすべてふさがっており、これ以上増設できず、手狭であった。

こんなさなか、CoolerMasterの中古ケースを1000円で見つけてしまった。特に悪いところもなかったので、買ってきて中身をごっそり抜き替えてしまった。Dellのケースより頑丈ではなさそうだが、これといって問題はない。それよりもこのケースのいいところは、拡張性が良いところである。HDDは最大4台搭載可能、5インチベイx2、3.5インチベイもあるところ。前のケースではあきらめていた3.5インチベイのメモリーカードリーダーも取り付けられた。満足。

さて、Dellのケースはどうしようか…

悪行を犯す人間に、罪悪感は皆無

news.livedoor.com

このユーザーは、「『自転車を盗む奴とか傘を盗む奴に罪悪感がない』という事を知って驚いた話」として、2枚の画像で体験談を投稿した。ユーザーが「バイト先の人」に「自転車が盗まれた。犯人には不幸になってほしい」と話したところ、なんと相手は「俺もたまにやるから…」と告白してきたそうだ。

確かに、腹立たしいことこの上ない話だ。だけど、今に始まった話でもない。悪行を行う人間というのは、罪悪感など持ち合わせていない。

アメリカ史上最悪の犯罪者、アル・カポネは、自分の犯した犯罪に対して謝罪をしなかった。むしろ、それを正当化することしかしなかったという。アル・カポネでなくとも、どこにでもいる不良少年を思い浮かべればわかると思う。自転車盗に限らず、万引きをしたり、スプレーで落書きをする不良少年たちに、罪の意識があるだろうか。むしろそれを楽しんでいる者すらいる。

罪悪感を持ち合わせていない人間に、「悪いことをやめましょう」とどれだけ言っても、「悪いことなんてやってねーよ」と受け流すだろう。「人として恥ずかしくないのか!!」とどれだけ憤慨しても、「知るか」と他人事のように済ますだろう。彼らにとってみれば、悪いことをやっている意識はないのだから、どれだけ言われてもどこ吹く風、になってしまう。

もちろん、このような人間を放置せよと言いたいのではない。ただ、罪悪感のない人間に対して「暖簾に腕押し」のような対応では、結局何もしないことと変わらない。彼らを何とかしたいのであれば、もっと別のアプローチが必要ではないだろうか。

UbuntuにSSHでログインする際の最低限の準備

Ubuntu(というか、Linux)は、SSH接続できればコマンドラインにて大抵のことができる。ターミナルソフトを立ち上げるだけで別のUbuntuマシンを操作できるのは便利だ。

ただし、Ubuntuをインストールしたての状態では、UbuntuSSH接続できない。Ubuntu側にて、端末上で下記のコマンドを実行する。

$ sudo apt-get install ssh 

 これだけでSSH接続可能となる。

トーマスランド号

【運行情報】4/28(金)「トーマスランド号」運転再開のお知らせ | 富士山に一番近い鉄道 富士急行線

復帰してたんだ。

 

広告を非表示にする

品川駅

今日から、京急線品川駅の整列位置が変わったそうだ。

品川駅下り1番線の整列位置は従来「泉岳寺または品川駅始発の快特・特急列車」と「都営線からの快特・特急および羽田空港行列車」の2種類としておりましたが、変更後は「横浜方面への都営線からの快特・特急」「羽田空港行きのすべての列車(エアポート快特快特エアポート急行)」「横浜方面への泉岳寺・品川始発の列車と品川で後ろ4両増結される車両」「普通種別のすべての列車」の4種類へと変更になります。 

(4月29日(土・祝)から品川駅下り1番線の整列位置と列車停止位置が変更になります | 2017年度 | 京急電鉄からのお知らせ | 【KEIKYU WEB】京急電鉄オフィシャルサイト)

そういえば、前にこんな記事を書いていた。

todaystyle272.hateblo.jp

この記事を京急が読んで今回の変更に至った…なわけないとは思うが、普通列車の整列位置が追加されたことは評価していいと思う。

広告を非表示にする

Windows Vista サポート終了

そういえば、2日前の4月11日にWIndows Vistaがサポート終了していた。WIndows XPのように、メディアで大々的に取り上げられることなく、ひっそり終わった感がする。

初めての自分用PCのOSがWindows Vistaだった。悉く評判の悪かったOSだったけど、正直そんなに悪いとは思わなかった。確かに設定項目やデザインなどいろいろ変わったところは多かったが、それはどのWindowsでも繰り返されていたはず。「みんなが叩くから自分だって」と、誰かが流した否定的な評に多くの人が便乗してしまったように思えてならない。「実際使ってみた感じ」よりも、「イメージ」が先行してしまった感が否めない。

それはともかく、Windows Vistaが世に出て10年経つんだね。でも10年経った感じがしない。自分の感覚では、5年くらいって感じ。デザインも古めかしい感じがしないし。

相鉄の相直開始後の車両運用を予想してみる

相鉄は2018年度にJR線、2022年度に東急線との相互直通(相直)運転を控えている。相互直通運転が開始された暁には、運用が大幅に変更されることが予想される。どのような輸送体系にするのかが明らかにされていない(まだ決定する段階にない)ため、予想が難しいが、とりあえず、可能性の高いところからおさえてみる。

JR線との相直

まず、10000系(の10編成)・11000系のJR線相直運用への投入は決まりと見ていいだろう。元々、この2車種は相直も見越して、JR東日本の車両をベースにした車両である。

9000系・8000系は、JR東日本が入線を認めるかどうかによる。相鉄伝統の独自仕様が車両扱い上のネックになるかもしれない。

JR側からは、E231系E233系(か、その後継タイプ)が入線することになるだろう。ATSも同一(ATS-P)のため、入線に係るハードルは高くなさそうだ。

東急線との相直

まだ構想段階であるが、相鉄は、相直用の新型車両を新造する計画があるという。現状、相鉄の車両は東急線に入線できない(断面が大きいため、東急線の車両限界に抵触する)ため、相鉄側から東急線へ乗り入れる車両はこの新型車両だけになりそうだ。

さて、この新型車両の1編成あたりの両数はどうなるのだろうか。計画では東横線目黒線へ直通する予定だが、現状の東横線は1編成10両・8両に対し、目黒線は6両である。どのような編成にするのかも気になるところである。

一方、相鉄以外の社局から相鉄へ入線する車両については、まだ未確定な部分が多いため、今回の予想では見送る。ただ、相鉄入線にはATS-P対応などが必須のため、それなりの改修が必要である。入線できる車両は限られてくるのではないか。

7000系の行く末

上記の2社線の相直計画には、7000系の話は出ていない。車歴を考えても、車両扱い上を考えても、おそらく相直には入らないだろう。

もとより、7000系自体もう先は長くないのではないか。9000系から始まり、全車両に展開されるという「ヨコハマネイビーブルー」も、7000系は対象から外されてしまったようだ。維持も難しくなっていくだろう。具体的な引退の話はまだ出ていないが、数年のうちに引導を渡すことになるかもしれない。

参考

都市鉄道等利便増進法に基づく神奈川東部方面線速達性向上計画変更の認定について

相鉄デザインアッププロジェクト

今後登場が予定される相互直通運転用の新型車両をはじめとし、車両リニューアルおよび塗装計画に合わせて、順次、車両を新塗装に統一していきます。

相鉄・東急直通線 |東急電鉄

相鉄・東急直通線は、神奈川東部方面線の機能の一部として、相鉄・JR直通線の羽沢駅(仮称)から新横浜を経由し、東急東横線目黒線日吉駅までの区間に連絡線を整備するものです。